産婦人科医 転職

産婦人科医の転職

 

産婦人科医の転職の理由は、年収の不満や勤務条件やキャリアアップなど様々です。転職先を探すなら、結論から申し上げますと、医局に頼るのではなく医師求人サイトを利用して自ら動くほうが賢明です。なぜなら、一般的には公開されていない非公開求人を閲覧できるので、意外な条件の良い求人が見つかる可能性があります。それと、コンサルタントが間に入るので、転職先の職場環境などの詳しい情報を事前に知ることができます。それに、事前にコンサルタントが条件書を作成するので入職条件が曖昧にならず、双方の意見の食い違いがありませんし、とにかくコンサルタントが代行してくれるので忙しい医師にとってはありがたいものです。困ったときのアドバイスや相談にも応じてくれます。現在産婦人科医の転職は売り手市場です。お産は時間に関係なく始まるので24時間拘束勤務、当直、オンコール有は当たり前で勤務条件が他の担当医に比べて大変厳しいものがあるため、医師が不足しています。数ある求人サイトをうまく利用して登録をすることにより条件に合った就職先がきっと見つかるはずです。

 

産婦人科医転職時の注意点

 

転職を考える理由はご自身の事情により今の勤務条件を変えたい時です。それは、転職を考えるターニングポイントとなってきます。転職をするための最大のポイントはいかに適切に希望条件の優先順位をつけて、いかに妥協することなく条件に見合う転職先を見つけるかです。医師の方が転職活動を行う時の注意点ですが、現在の仕事をおろそかにしないことです。どんな職業でもそうですが医師の場合は特に人命にかかわることなので、中途半端になるなら収入はなくなりますが、退職してから探す方が良いです。あるいは、求人サイトに登録すれば専門コンサルタントがあなたの条件に合った転職先を提供してくれて諸手続きはすべてコンサルタントが代行するのでお忙しいお医者様にはお勧めです。そして、転職の時期ですが、異動や退職の為求人が増える3月と10月のが狙い目で、6月と年末の12月は各種の医療機関は求人を出し控えるので減ります。そして、転職活動中は職場にはもちろん内緒にしておくほうが足を引っ張られることなく円満です。決まればすぐに上司に話しやめることを納得してもらうのと同時にお世話になったことに対する感謝の気持ちを表すことも忘れないでください。

 

 

 

産婦人科医が紹介会社(エージェント)と面談する時の注意点

 

産婦人科医が紹介会社に登録すると、まず、専門のエージェントが直接会ってヒアリング面談をします。これまでの経歴や今後のビジョンや希望要件や仕事上または仕事外での悩みなど様々な内容を質問した上で最適なアドバイスをします。さらに、性格や医療機関との相性なども広く考慮した上で希望に沿う案件を探してくれます。常勤の場合には、勤務地はもちろん医療機関の規模や施設や設備はどのようなものがあるか、他には年収の幅もありますので、ヒアリング面談の際に希望を聞かれます。また、定期非常勤の場合は案件に空きがありタイミングよく条件に合い先方の医療機関の都合があえばその日の内に面接日を設定できることがあります。以上のような内容でヒアリング面接は行われますが、希望の条件は遠慮せず多少わががまだと思っても正直に言わないと転職後のトラブルになり、ご本人や職場や紹介会社すべてが嫌な思いをします。産婦人科医は他の分野の医師に比べ24時間体制などの厳しい条件がありますので、特に注意が必要です。必ず希望に合った就職先はみつかりますのでぜひ正直にご自身の意思を伝えて下さい。

 

 

産婦人科医が転職するための手順・手続き

 

産婦人科医も含め転職するには、今はインターネットが主流の時代ですので手っ取り早く医師専用の求人サイトの登録をお勧めします。登録料や手数料は法律により一切かからないので、医師専用の求人サイトの口コミ情報でよく確認してから2.3件登録すれば早く転職先が見つかると思います。まず最初に登録する内容は、氏名、生年月日、Eメールアドレス、希望勤務形態、希望就業地域、転職希望時期、希望科目、メールマガジンの配信の可否になります。 また、勤務地が23区内または東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬と関東圏内であるか、あるいは、関西や北海道・東北地域、甲信越・北陸、中国・四国、九州・沖縄など、勤務地の希望場所により求人数も変わってきますため地域情報が必要になります。今は産婦人科医が特に都会で増加し、地方では減少していますのでこの点は産婦人科医にとっては重要です。その後、経験豊富な担当コンサルタントとのカウンセリングがあり希望の転職先が見つかると面接の日時や書類作成などすべて代行してもらえるので安心してお任せできます。

 

ホーム RSS購読